<![CDATA[JDIDホールディングス株式会社 - Blog]]>Fri, 14 Jun 2024 20:57:42 +0900Weebly<![CDATA[June 08th, 2024]]>Fri, 07 Jun 2024 22:23:28 GMThttp://jdidhd.co.jp/blog/3d-factoryrfef172弊社パートナーの韓国企業3D FACTORY、RFEFと契約しスペイン172クラブのコンセッションを獲得
韓国の3D Factoryは、スペイン王立サッカー連盟(RFEF)と契約し、ラ・リーガのレアル・マドリードCFやFCバルセロナを含む172のクラブのコンセッションを獲得しました。これは、3D Factoryにとって大きな飛躍であり、ヨーロッパのサッカー界におけるプレゼンスを大幅に強化することになります。

この契約により、3D Factoryは、RFEFが所有するすべてのメディアおよびデジタル権利を活用することができます。具体的には、スタジアムの広告看板、デジタルサイネージ、放送、クラブのウェブサイトやソーシャルメディアチャネルなどを含みます。これは、3D Factoryにとって、世界で最も人気のあるスポーツブランドの一部と提携し、そのグローバルな視聴者にリーチするための絶好の機会となります。

3D Factoryは、デジタルサイネージや屋外広告ソリューションの開発および製造で実績のある企業です。同社は、この専門知識を活用して、RFEFのパートナー向けに革新的なマーケティングおよびエンゲージメントソリューションを提供します。

この契約は、RFEFにとっても大きな勝利です。3D Factoryとの提携により、同連盟は、世界中のファンとより効果的につながり、収益源を拡大することができます。

契約の背景
3D FactoryとRFEFの契約は、両社にとって戦略的なものです。3D Factoryは、ヨーロッパのサッカー界におけるプレゼンスを拡大し、そのグローバルな視聴者にリーチしたいと考えていました。一方、RFEFは、世界中のファンとより効果的につながり、収益源を拡大したいと考えていました。
この契約は、両社の目標を達成するための理想的な方法です。3D Factoryは、RFEFに革新的なマーケティングおよびエンゲージメントソリューションを提供する専門知識を持っています。RFEFは、世界で最も人気のあるスポーツブランドの一部であり、世界中のファンにリーチするための巨大なプラットフォームを提供しています。

契約の影響
この契約は、ヨーロッパのサッカー界に大きな影響を与える可能性があります。3D Factoryは、RFEFのパートナー向けに革新的なマーケティングおよびエンゲージメントソリューションを提供することで、ファン体験を向上させることができます。これにより、ファンエンゲージメントと収益の増加につながる可能性があります。
さらに、この契約は、ヨーロッパにおける3D Factoryのプレゼンスを大幅に強化します。同社は、世界で最も人気のあるスポーツリーグの1つと提携することで、ヨーロッパの主要なプレーヤーとしての地位を確立することができます。

結論
韓国企業3D Factoryとスペイン王立サッカー連盟(RFEF)の契約は、両者にとって重要な節目となるものです。この契約により、3D Factoryはヨーロッパのサッカー界におけるプレゼンスを大幅に強化し、RFEFは世界中のファンとより効果的につながり、収益源を拡大することができます。この契約は、ヨーロッパのサッカー界全体に大きな影響を与える可能性があります。

以下、契約に関する詳細情報です
  • 契約期間: 5年間
  • 契約金額: 非公開
  • 契約内容: RFEFが所有するすべてのメディアおよびデジタル権利のコンセッション
  • 権利範囲: スタジアムの広告看板、デジタルサイネージ、放送、クラブのウェブサイトやソーシャルメディアチャネルなど


]]>
<![CDATA[June 07th, 2024]]>Fri, 07 Jun 2024 07:59:31 GMThttp://jdidhd.co.jp/blog/2023グローバルなメタバース市場の2023年実績と今後の展望
2023年実績
  • 市場規模:
    • 655億米ドル(総務省「令和5年版 情報通信白書」)
    • 820億米ドル(Statista)
  • ユーザー数:
    • 約2億人(総務省「令和5年版 情報通信白書」)
今後の展望
  • 2030年:
    • 9,366億米ドル(Statista)
    • 1兆6,000億米ドル~1兆7,000億米ドル(MarketsandMarkets)
    • 720兆円(マッキンゼー・アンド・カンパニー)
  • ユーザー数:
    • 約7億人(総務省「令和5年版 情報通信白書」)
成長要因
  • 技術革新:VR/ARデバイスの性能向上、5G/6G通信規格の普及など
  • ユーザー受容度の高まり:コロナ禍におけるリモートワークやオンラインゲームの普及
  • 多様なサービスの登場:ゲーム、ソーシャルメディア、教育、リモートワークなど
課題
  • 技術的な課題:VR酔い、セキュリティ、プライバシーなど
  • 法規制の整備:メタバースにおける経済活動や知的財産権の取り扱いなど
  • ユーザー体験の向上:没入感、操作性、コンテンツの質など


]]>
<![CDATA[June 07th, 2024]]>Fri, 07 Jun 2024 07:47:13 GMThttp://jdidhd.co.jp/blog/-web代理店募集:都道府県支局 地区代理店 WEB代理店募集
建設業界におけるデジタル化(DX)を推進するJDIDホールディングス株式会社では、全国展開を加速させるため、都道府県支局地区代理店Web代理店を積極的に募集しています。

JDIDホールディングス株式会社について
2020年に設立されたJDIDホールディングス株式会社は、XRメタバースプラットフォームの開発と運用を行う企業です。独自のXR技術とブロックチェーン技術を融合させた、高品質なメタバースプラットフォームを提供し、建設業界におけるデジタル化(DX)を推進しています。

主な事業内容
  • メタバースプラットフォームの開発・運用
  • 建設現場向けデジタルサイネージの販売・レンタル
  • その他、XR技術を活用したソリューション開発
代理店の役割
JDIDホールディングス株式会社の代理店として、以下の役割を担っていただきます。
  • 販売・営業
    • 顧客への提案・見積もり
    • 契約締結
    • 導入支援
    • アフターフォロー
  • 顧客サポート
    • 顧客からの問い合わせ対応
    • トラブル対応
  • 地域密着の営業活動
    • 地域のニーズに合致した提案
    • 地域の顧客との信頼関係構築
代理店募集要項
  • 都道府県支局
    • 資本金:500万円以上
    • 従業員数:5名以上
    • 建設業界での営業経験が豊富な人材がいること
  • 地区代理店
    • 資本金:300万円以上
    • 従業員数:3名以上
    • 地域の顧客とのネットワークを持っていること
  • Web代理店
    • 資本金:100万円以上
    • 従業員数:2名以上
    • Webサイト制作・運用経験が豊富な人材がいること
]]>
<![CDATA[June 03rd, 2024]]>Sun, 02 Jun 2024 23:44:01 GMThttp://jdidhd.co.jp/blog/6029063建機レンタル会社の近況:最新情報と業界傾向
2024年6月

1. 市場規模
2023年の建機レンタル市場規模は、前年比微増の約3兆円と推定されています。近年、建設需要の低迷や人手不足の影響で市場は縮小傾向でしたが、2023年後半からはインフラ投資の拡大や災害復旧需要の増加により市場は回復傾向にあります。

2. 業界動向
  • レンタル需要の多様化: 近年、建設現場の安全対策や環境対策への意識の高まりから、高所作業車や電気式建機のレンタル需要が増加しています。また、短期間の利用や特定の機能のみが必要な場合など、柔軟なレンタルプランを求める声も増えています。
  • ITの活用: 建機レンタル会社の多くが、ITを活用したサービスの提供を開始しています。例えば、レンタル予約・管理システムや、建機の稼働状況を可視化するテレマティクスシステムなどが導入されています。
  • 海外市場への進出: 国内市場の成熟化を受け、海外市場への進出を図る建機レンタル会社が増えています。特に、アジア市場は大きな成長が見込まれており、多くの企業が現地法人を設立したり、合弁会社を設立したりしています。
3. 注目企業
  • アクティオ: 建機レンタル業界最大手の企業です。全国に営業拠点網を持ち、幅広い種類の建機を取り扱っています。近年は、ITを活用したサービスの提供や、海外市場への進出に力を入れています。
  • 太陽建機レンタル: 関東地方を中心に展開する建機レンタル会社です。高所作業車や電気式建機のレンタルに強みを持っています。近年は、環境対策に力を入れており、ハイブリッド建機の導入を進めています。
  • アネスト: 中古建機の販売・レンタル事業を展開する企業です。近年は、レンタル事業の拡大に力を入れており、全国に営業拠点を増強しています。
4. 今後の展望
今後、建機レンタル市場は、インフラ投資の拡大や災害復旧需要の増加により、さらに成長していくと予想されています。また、レンタル需要の多様化やITの活用など、業界の競争はますます激化していくでしょう。建機レンタル会社は、こうした変化に対応するため、新しいサービスの開発や、海外市場への進出など、積極的に事業展開していくことが求められます。

5. その他
  • 2024年4月には、改正労働基準法が施行されました。この改正法により、建設現場における長時間労働の規制が強化されました。建機レンタル会社は、こうした規制に対応するため、建機のレンタル期間を短縮したり、夜間・休日のレンタルサービスを提供したりするなど、新たなサービスの開発を進めています。
  • 2024年5月には、政府が新たなインフラ投資計画を発表しました。この計画では、今後5年間で約10兆円のインフラ投資を行うことが予定されています。建機レンタル会社にとって、これは大きなビジネスチャンスとなるでしょう。


    2024年6月時点
    1. 需要増加と供給不足
    近年、建設需要の増加に伴い、建機レンタル会社の需要も高まっています。しかし、新型コロナウイルス感染症の影響によるサプライチェーンの混乱や、半導体不足などにより、建機の供給が追いつかない状況が続いています。
    2. レンタル料金の高騰
    建機の供給不足により、レンタル料金は高騰しています。2023年には、前年比10%以上上昇したとも言われています。
    3. レンタル期間の延長
    建機の供給不足により、希望する建機をレンタルできないケースも増えています。そのため、レンタル期間を延長するケースが多くなっています。
    4. 中古建機の需要増加
    新車の建機が手に入りにくいことから、中古建機の需要も増加しています。
    5. オンライン化の進展
    建機レンタル会社の多くは、オンラインでレンタル申し込みや見積り依頼ができるようにしています。また、AIやIoTを活用したサービスも登場しています。
    6. 環境対応
    建機レンタル会社は、環境負荷の低減に向けた取り組みを進めています。具体的には、ハイブリッド建機や電気建機の導入、レンタル建機の整備・点検の徹底などを行っています。
    7. 人材不足
    建設業界全体の人材不足が、建機レンタル会社にも影響を与えています。
    業界の将来展望
    建機レンタル市場は、今後も成長が見込まれます。特に、インフラ整備や災害復旧需要の増加が期待されています。
    一方、建機の供給不足やレンタル料金の高騰、人材不足などの課題も残されています。建機レンタル会社は、これらの課題を克服し、顧客満足度の向上に努める必要があります。


    ​人手不足

  • 建設業界全体で深刻な人手不足が続いており、建機レンタル会社も例外ではありません。
  • 特に、熟練のオペレーター不足が深刻です。
  • 人手不足は、レンタル料金の値上げ納期の遅延などの問題を引き起こしています。
  • 業界の取り組み
    建機レンタル会社は、これらの課題を克服するために、様々な取り組みを行っています。
  • ICTの活用による作業効率化
  • 外国人労働者の受け入れ
  • 女性の活躍推進
  • 建機オペレーターの育成
  • 今後の展望
    建機レンタル業界は、建設需要の増加人手不足という課題を抱えながらも、ICTの活用人材育成などの取り組みによって、成長していくことが期待されています。
    最新情報
  • 2024年5月:大手建機レンタル会社のアキタレンタルが、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場しました。
  • 2024年4月コマツの子会社であるコマツレンタルが、日立建機の子会社である日立建機リースと業務提携を発表しました。
  • 業界傾向
  • 建機レンタルの需要は、今後も増加していく見込みです。
  • ICTの活用人材育成が、業界の競争力強化の鍵となります。
  • 環境対策への取り組みも重要になっています。
]]>
<![CDATA[May 31st, 2024]]>Fri, 31 May 2024 08:52:54 GMThttp://jdidhd.co.jp/blog/netis3379479NETIS登録機材を採用することで、工事成績評定において加点を受けることができます。
NETIS登録機材を採用することで、工事成績評定において加点を受けることができます。加点を受けるためには、一定の条件を満たす必要があります。
加点を受けるための条件
  • 国土交通大臣が定める技術基準に適合していること
  • 性能評価試験に合格していること
  • 施工実績があること
加点の種類
  • 基本加点: 技術的に優れているもの、環境負荷低減に貢献するもの、安全性を向上させるものなどに付与されます。
  • オプション加点: 複数種類のNETIS登録機材を組み合わせた場合や、一定の施工方法と組み合わせて使用した場合などに付与されます。
加点のメリット
  • 工事成績評定の評価が上がり、受注競争力が強化されます。
  • 発注者からの信頼を得やすくなり新規の仕事を受注しやすくなります
  • 施工管理の効率化コスト削減**につながります。
NETIS機材を採用する際の注意点
  • すべてのNETIS登録機材が加点対象となるわけではありません。
  • 加点を受けるためには、適切な書類を提出する必要があります
  • 施工方法によっては、加点対象とならない場合があります
NETIS登録機材を採用することで、工事成績評定において加点を受けることができます。これは、発注者にとって施工技術力の向上コスト削減につながるメリットがあり、積極的に活用すべき制度と言えます。
加点方式NETIS機材の加点方式は、大きく2種類あります。
1. 事前審査型
事前に国土交通省に申請し、審査を受けてNETIS登録された機材を採用した場合に加点されます。審査基準は、技術的な優位性経済性環境への配慮などが設けられています。
2. 事後評価型
施工後に、実際に使用したNETIS登録機材の効果を事後評価することで加点されます。評価基準は、施工品質の向上作業効率の改善安全性の向上などが設けられています。
加点点は、NETIS登録番号評価結果によって異なり、最大で50点まで加点されます。
有理点NETIS機材を採用することによる有理点は、以下のとおりです。
  • 施工技術力の向上:NETIS登録機材は、従来の機材に比べて、性能が優れているものが多いです。そのため、NETIS機材を採用することで、より高品質な施工を行うことができます。
  • コスト削減:NETIS登録機材は、作業効率が向上するものが多いです。そのため、NETIS機材を採用することで、人件費や時間コストを削減することができます。
  • 安全性の向上:NETIS登録機材は、安全性に配慮した設計になっているものが多いです。そのため、NETIS機材を採用することで、労働災害を防止することができます。
  • 発注者からの評価向上:発注者は、NETIS登録機材を採用することで、施工品質の向上コスト削減を期待することができます。そのため、NETIS機材を採用することで、発注者からの評価を向上させることができます。
  • 入札競争力の強化:入札において、NETIS登録機材を採用している場合は、有利に働く場合があります。
NETIS機材の活用事例NETIS機材は、様々な分野で活用されています。以下に、その一例を紹介します。
  • i-Construction関連機器:i-Constructionは、ICTを活用した建設現場の高度化を目指す取り組みです。NETIS登録されたi-Construction関連機器は、施工の効率化安全性の向上に貢献しています。
  • 環境負荷低減型機材:近年、環境への配慮から、CO2排出量が少ないNETIS登録機材が開発されています。
  • 高齢化対策型機材:建設現場の高齢化に対応するため、作業負担を軽減するNETIS登録機材が開発されています。
まとめNETIS機材は、施工技術力の向上コスト削減安全性の向上など、様々なメリットをもたらす制度です。建設事業者にとって、積極的に活用すべき制度と言えるでしょう。
NETIS機材について、さらに詳しく知りたい場合は、以下の情報をご覧ください。
NETIS登録機材を採用することで、工事成績評定において加点を受けることができます。これは、新技術の積極的な活用を促進し、建設現場の安全性・施工性・経済性の向上を目的とした制度です。
加点の対象となるのは、以下の3つの区分です。
  • 技術革新性: 従来の技術と比べて、性能や機能が大幅に向上しているもの
  • 社会性: 環境負荷の低減、CO2排出量の削減、作業員の安全性の向上など、社会に貢献する要素があるもの
  • 経済性: 施工コストの低減、工期の短縮、維持管理コストの削減など、経済的なメリットがあるもの
これらの区分ごとに、5段階の評価が行われ、高い評価を得たものほど加点幅が大きくなります。加点幅は、工事の種類や規模によって異なり、最大で50点まで加点されます。
NETIS機材を採用することによる有理点は、以下のとおりです。
  • 工事成績評定で有利に立てる: 上記の通り、NETIS機材を採用することで、工事成績評定で加点を受けることができ、入札や受注競争において有利に立てることができます。
  • 建設現場の安全性向上: NETIS登録機材は、安全性に配慮した設計・製造が行われているため、建設現場の労働災害防止に役立ちます。
  • 施工性の向上: NETIS登録機材は、作業効率を向上させる機能や性能を備えているため、施工時間の短縮作業員の負担軽減につながります。
  • 経済性の向上: NETIS登録機材は、ランニングコストやメンテナンスコストが低く抑えられているため、ライフサイクルコストの低減に貢献します。
  • 環境負荷の低減: NETIS登録機材の中には、CO2排出量が少ないもの省エネルギー性能が高いものなど、環境負荷低減に配慮した設計のものが多くあります。
このように、NETIS機材を採用することは、工事の品質向上安全性の向上経済性の向上環境負荷の低減など、様々なメリットがあります。
近年では、NETIS機材の採用が入札条件とされるケースも増えており、今後ますますその重要性が高まっていくことが予想されます。

 NETIS機材を採用することによるメリットは、大きく分けて以下の2つがあります。
1. 工事成績評定での加点
NETISに登録された機材を使用することで、工事成績評定において加点を受けることができます。これは、発注者である国土交通省や地方自治体などが、新しい技術優れた性能を持つ機材の積極的な導入を促進するために設けられている制度です。
加点の対象となるのは、技術革新性環境への配慮安全性の向上経済性などの観点から評価された機材です。具体的には、以下のような機材が該当します。
  • ICTを活用した施工管理システム
  • CO2排出量削減効果の高い建設機械
  • 作業員の安全性を向上させるための防護具
  • 低騒音・低振動の施工方法
加点の点数は、機材の性能や導入実績などを総合的に勘案して決定されます。加点を受けることで、入札において有利に働くことが期待できます。
2. 施工品質の向上
NETIS機材は、厳しい審査基準をクリアした高性能な機材であることが求められます。そのため、従来の機材に比べて、施工精度作業効率安全性などが優れているという特徴があります。
NETIS機材を採用することで、以下のような効果が期待できます。
  • 施工不良の減少
  • 工期の短縮
  • 作業員の負担軽減
  • 維持管理コストの削減
これらの効果は、発注者にとっても施工業者にとってもメリットとなります。
参考情報
具体的な事例以下は、NETIS機材を採用することによって得られた具体的な事例です。
  • 事例1:ICT施工管理システムの導入による工期短縮
ある地方自治体では、ICT施工管理システムを導入することで、工期を約10%短縮することに成功しました。これは、施工進捗状況をリアルタイムで把握できるシステムを活用することで、無駄な作業を削減し、効率的な施工を実現したためです。
  • 事例2:CO2排出量削減効果の高い建設機械の使用による環境負荷低減
あるゼネコンでは、CO2排出量削減効果の高い建設機械を使用することで、CO2排出量を約20%削減することに成功しました。これは、省エネ性能の高いエンジンを搭載した機械を使用することで、燃料消費量を大幅に削減したためです。
  • 事例3:作業員の安全性を向上させるための防護具の着用による災害防止
ある鳶職の会社では、墜落防止用のヘルメットやハーネスを着用することで、墜落災害をゼロにすることに成功しました。これは、墜落防止性能の高い防護具を着用することで、万が一の事故から作業員を守ることができたためです。
このように、NETIS機材を採用することは、工事成績評定での加点に加え、施工品質の向上環境負荷低減災害防止など、様々なメリットをもたらすことができます。
 ここをクリック.
]]>
<![CDATA[April 30th, 2024]]>Tue, 30 Apr 2024 00:11:38 GMThttp://jdidhd.co.jp/blog/netisinfobooth6297988工事現場情報発信の進化型NETIS「建設infobooth」とは?

建設infoboothは、国土交通省NETIS登録技術を持つ、工事情報を複数メディアに最適化して掲載できるシステムです。従来の紙掲示や口頭での伝達に比べ、情報伝達の効率化、情報漏洩の防止、コスト削減など、多くのメリットがあります。
建設infoboothの主な機能
  • 工事情報の作成・編集
  • デジタルサイネージへの表示
  • ウェブサイトへの掲載
  • 携帯端末への配信
  • 法令情報の掲載
  • アンケート機能
  • 多言語対応
建設infoboothのメリット
  • 情報伝達の効率化
    • 工事情報を一元管理することで、迅速かつ正確に情報を発信することができます。
    • デジタルサイネージやウェブサイト、携帯端末など、さまざまなメディアを通じて情報を発信することができますので、関係者への情報共有が容易になります。
  • 情報漏洩の防止
    • 紙掲示や口頭での伝達に比べ、情報漏洩のリスクを低減することができます。
    • アクセス権限を設定することで、閲覧できるユーザーを限定することができます。
  • コスト削減
    • 紙の印刷や配布にかかるコストを削減することができます。
    • 情報更新の手間を減らすことで、人件費を削減することができます。
  • 安全性向上
    • 工事現場の情報を見やすくすることで、関係者の安全意識を高めることができます。
    • 緊急時の情報を迅速に伝えることができます。
建設infoboothの活用事例
  • ゼネコン:工事現場の情報発信、住民説明会での資料提示、安全教育
  • 発注者:工事の進捗状況の確認、住民からの問い合わせへの対応
  • コンサルタント:施工図の閲覧、関係者への資料配布
  • 住民:工事の内容やスケジュール、騒音・振動対策に関する情報
建設infoboothは、建設業界における情報共有のプラットフォームとして、今後ますます注目されていくシステムです。

詳細情報
]]>
<![CDATA[April 28th, 2024]]>Sun, 28 Apr 2024 06:42:00 GMThttp://jdidhd.co.jp/blog/netis-kt-220152-a-infoboothNETIS KT-220152-A 建設infobooth: 進化型工事現場用デジタルサイネージ


デジタルサイネージとwebを連携させて、工事現場の情報を効率的に発信・共有するシステムです。
国土交通省が定める「デジタルサイネージを書面に代えて使用するための要件」を満たしており、近隣住民への工事告知や情報伝達に最適です。
主な特長
  • 一斉同報機能: 複数のデジタルサイネージに同じコンテンツを同時に配信できます。
  • Web連携: 工事の進捗状況や予定変更などの情報を、WebサイトやSNSなどに自動的に反映できます。
  • 情報更新の容易さ: コンテンツはWebブラウザから簡単に更新できます。
  • 多様なコンテンツ表示: 画像、動画、テキストなど、様々なコンテンツを表示できます。
  • 堅牢性・防塵・防湿: 屋外設置にも対応した堅牢設計です。
  • NETIS登録: 国土交通省の新技術情報システムNETISに登録されており、公共工事での採用が可能です。
こんな用途におすすめ
  • 工事現場: 安全標識や作業指示の表示、近隣住民への工事情報発信
  • 公共施設: イベント情報やお知らせの表示
  • 商業施設: 広告やキャンペーン情報の表示
  • 教育機関: 校内情報や授業資料の表示
詳細情報
デジタルサイネージとwebを連携させて、工事現場の情報をもっと効率的に発信・共有しませんか?
建設infoboothは、工事現場のDXを推進し、安全で快適な作業環境の実現に貢献します。
]]>
<![CDATA[April 27th, 2024]]>Fri, 26 Apr 2024 23:09:57 GMThttp://jdidhd.co.jp/blog/6174164「トータル・アドバタイジング・プランニング・アンド・エグゼキューション」プロジェクトの契約

弊社JDIDホールディングスの長年のビジネスパートナーでもありメタバース技術提携先の、韓国の3D Factoryは、2024年1月29日にサウジアラビア市・行政・住宅省が監督するターイフ市の「トータル・アドバタイジング・プランニング・アンド・エグゼキューション」プロジェクトの契約を締結しました。その後、3月18日には韓国のサムスン電子と契約を締結しています。このプロジェクトは、ターイフ市の都市景観を改善し、市民の生活の質を向上させることを目的としています。


3D Factoryは、このプロジェクトにおいて、デジタルサイネージ、プロジェクションマッピング、インタラクティブなインスタレーションなどのソリューションを提供します。サムスン電子は、これらのソリューションを動作させるためのハードウェアとソフトウェアを提供します。このプロジェクトは、3D Factoryにとって大きな成功であり、中東市場における同社のプレゼンスを拡大するのに役立ちます。また、サムスン電子にとっても、スマートシティソリューションへのコミットメントを示す重要な機会となります。

以下、プロジェクトに関する詳細情報です。

・プロジェクト名: トータル・アドバタイジング・プランニング・アンド・エグゼキューション

・クライアント: サウジアラビア市・行政・住宅省

・場所: ターイフ市、サウジアラビア

・契約日: 20・2・4年1月29日 (3D Factory) 、2024年3月18日 (サムスン電子)

・プロジェクト内・容: デジタルサイネージ、プロジェクションマッピング、インタラクティブなインスタレーションなどのソリューションの提供

・意義: ターイフ市の都市景観の改善、市民の生活の質の向上、3D Factoryの中東市場におけるプレゼンスの拡大、サムスン電子のスマートシティソリューションへのコミットメントを示す重要な機会










]]>
<![CDATA[March 21st, 2024]]>Thu, 21 Mar 2024 11:35:49 GMThttp://jdidhd.co.jp/blog/march-21st-2024JDIDホールディングス株式会社の建設メタバース「infobooth pro」とは
概要
JDIDホールディングス株式会社が提供する「infobooth pro」は、建設現場の情報を3次元仮想空間上に再現する建設メタバースソリューションです。従来の2次元情報提供システムとは異なり、関係者全員がバーチャル空間に入り込み、3DモデルやVR技術を活用して、より直感的に情報共有や意思決定を行うことができます。


特徴
  • 3Dモデルによるリアルな現場再現: 工事現場の3Dモデルを作成し、実際の現場に近いバーチャル空間を構築します。
  • VR技術による没入感: VRゴーグルを装着することで、あたかも現場にいるかのような没入感を体験できます。
  • 情報共有の容易化: 図面や写真、動画などを3Dモデルと紐付けて共有することで、関係者間の情報共有をスムーズにします。
  • 意思決定の迅速化: 3Dモデル上でシミュレーションを行うことで、より迅速かつ効果的な意思決定が可能になります。
  • 遠隔操作: 遠隔地にいる関係者でも、VR技術を活用して現場の状況を把握したり、指示を出したりすることができます。
活用例
  • 施工計画の検討: 3Dモデル上で施工計画を検討することで、安全性の向上や工期短縮に貢献します。
  • 安全教育: VR技術を活用した安全教育を実施することで、より効果的な安全教育を提供できます。
  • 顧客への提案: 3Dモデルを活用して顧客に提案を行うことで、より分かりやすく具体的な提案が可能になります。
  • 遠隔監査: VR技術を活用して遠隔地から現場を監査することで、効率的な監査体制を構築できます。
infobooth proのメリット
  • 情報共有の効率化: 関係者全員が同じバーチャル空間で情報共有を行うことで、情報伝達の迅速化と正確性の向上を実現します。
  • 意思決定の迅速化: 3Dモデル上でシミュレーションを行うことで、より迅速かつ効果的な意思決定が可能になります。
  • 作業効率の向上: VR技術を活用した作業指示や遠隔操作によって、作業効率を向上させることができます。
  • 安全性の向上: VR技術を活用した安全教育や遠隔監査によって、現場の安全性を向上させることができます。
  • 顧客満足度の向上: 3Dモデルを活用した提案やVR見学によって、顧客満足度を向上させることができます。
infobooth proの導入事例
  • ゼネコン大手のA社:infobooth proを活用して、施工計画の検討や安全教育を実施し、安全性の向上と工期短縮を実現しました。
  • 建設コンサルタント企業のB社:infobooth proを活用して、顧客への提案資料を作成し、顧客満足度を向上させました。
infobooth proの詳細情報
infobooth proの詳細情報については、JDIDホールディングス株式会社の公式サイトをご覧ください。
]]>
<![CDATA[March 21st, 2024]]>Thu, 21 Mar 2024 11:25:58 GMThttp://jdidhd.co.jp/blog/xrXR メタバースプラットフォームの開発と運用を行う企業です。
1. 歴史と背景
JDID ホールディングス株式会社は、2020年に設立された、XR メタバースプラットフォームの開発と運用を行う企業です。私たちは、建設業界におけるデジタル化(DX)を推進し、次世代の建設 DX 分野メタバースの実現を目指しています。

2. 技術競争力
JDID は、独自の XR 技術とブロックチェーン技術を融合させた、以下の強みを持つメタバースプラットフォームを開発しています。
・リアルなアバターと空間の実装: 高度なアバターモデリングと空間表現技術により、没入感の高い仮想空間を実現します。
・AI を活用したグローバルコミュニケーション:AI 翻訳や音声認識技術を用いて、言語の壁を超えたコミュニケーションを可能にします。
・分散型オープンメタバース: ユーザーが自由に創造・参加できる、オープンなメタバース環境を提供します。
・インフラ技術:高度なセキュリティとスケーラビリティを実現する、独自のインフラ技術を構築しています。

3. ビジネスの可能性
JDID は、以下の分野において大きなビジネスチャンスを捉えると考えています。
建設 DX 分野メタバース:建設現場のバーチャル見学、リモートワーク、教育・研修など、建設業界における様々な業務を効率化・高度化します。
NFT マーケットプレイス: 建設資材や設計図などの NFT 発行・販売プラットフォームを運営します。
メタバース広告:メタバース空間における広告配信サービスを提供します。

4. 事業展開戦略
JDID は、以下の戦略で事業を展開していきます。
・メタバースプラットフォームの開発・運用:独自技術を活用した、高品質なメタバースプラットフォームを提供します。
・建設業界向けソリューションの提供: 建設 DX 分野メタバースを活用した、様々なソリューションを提供します。
・NFT マーケットプレイスの運営:建設資材や設計図などの NFT 発行・販売プラットフォームを運営します。
・メタバース広告の配信:メタバース空間における広告配信サービスを提供します。
]]>